FC2ブログ

Freely

めんどくさいが口癖主婦のウダウダBlog
TOP昔の話・・・・。 ≫ 「ダメ男と別れられないバカ女」Vol.3

「ダメ男と別れられないバカ女」Vol.3

お待たせいたしました~~~。いや誰も待ってないって(^^;(毎回同じ突っ込み)
そんなことはどうでもいいんですが(笑)いよいよクライマックスを迎えた

「ダメ男と別れられないバカ女」第三回始まり~始まり~

前回のあらすじは、 「ダメ男と別れられないバカ女」Vol1&2でどうぞ~


「ダメ男と別れられないバカ女」Vol.3




12月も半分をすぎて、2学期もあと2週間あまりとなったある日・・・・

それまで、順調に学校に来ていたYちゃんがまた学校を休んだ。

前回も言ったが、Yちゃんはもう出席日数がギリギリで、
あと1~2日休んだらダブる危険性があった。

さすがに今回は、2日休んだ時点で、姉さんがまたYちゃん家に電話をした。
が、やはりYちゃんはいず、お母さんも歯切れの悪い応答だった・・・。


「明日は行かせるから、本人から理由は聞いて」

姉さんは、首をかしげながら、きっと何かあったんだろうと重い受話器を置いた・・・。

翌日、朝一で彼女のクラスに顔を出したが、やはり来ていなかった・・・。

その日も選択教科があり、いつものメンバーが揃っていた。
授業が始まる前に

姉さん「なんかさ~昨日、電話したんだけどいなくて、お母さんの話だとなんかあったらしくてさ~」
友人A「また彼氏がなんかやらかしたんじゃないの?」
姉さん「お母さん、歯切れ悪くってさ~明日行かせるから、本人に聞いてくれって」
友人B「でも、来てないんでしょ?」
姉さん「うん・・・」



そこへ、Yちゃんがやってきた。


姉さん「Yちゃん、来てたの~~~何があったのよ~」
Yちゃん「(何か疲れきった様子で)ん~もうまいったよ~」
友人A「何があった~?」
Yちゃん「おとといさ、学校に行こうとした彼氏が、また行くな!って。」
友人B「やっぱり・・・・。」
Yちゃん「でも、本当行かなくちゃヤバイからって、無理やり家を出たのよ。
      そうしたらおかっけてきて、駅でつかまって・・・・・」

姉さん「それで!?」
Yちゃん「駅前で、腕つかまれて、思いっきり払ったら、突き飛ばされて蹴り入れられて・・・」
皆「え~~~~~?!」
Yちゃん「ものすごい人だかりで、誰かが警察に通報したらしくて・・・・ お巡りさんが来て、二人とも、警察に連れてかれちゃって・・・・」
皆「・・・・・・・」
Yちゃん「あたしは被害者だから、すぐ帰されたんだけど、彼氏が中々帰してもらえなくて」
姉さん「あたりまえじゃん」
Yちゃん「結局、お兄ちゃんに頼んで、身元引受人になってもらって、その後一人で帰ったって・・・」
友人B「ばっかじゃないの?そんな思いまでしてなんで、帰したの?     そのままお巡りの所に入れときゃよかったのに」
Yちゃん「・・・・・そうなんだけど・・・・。」
姉さん「それで、今度こそ別れるんでしょうね?じゃなきゃ、あんたいつか殺されるよ!」
Yちゃん「・・・・・うん・・・今度こそ絶対別れるつもり・・・・」
友人A「あたりまえじゃん、っていうか、なんで今まであんな男と一緒にいたのか、理解できない」
Yちゃん「・・・・・・」
友人B「まぁ別れるって言ってんだからさ~いいじゃん」



と、その日はそれで終わった・・・・。


その後、Yちゃんは学校にちゃんときていたが・・・・数日後の選択授業の時・・・

姉さん「Yちゃん、その後どうした?」
Yちゃん「・・・・・・」
友人B「まさか、あんたまだ・・・」
Yちゃん「っていうか、あの日の夜、彼氏がうちに来て、家族の前で土下座したの」
友人A「だから?まさかあんたそれで許したわけじゃないでしょうね」
Yちゃん「だって、あんなに真剣な彼氏の姿見た事なかったんだもん」
皆「・・・・・」
Yちゃん「だって、泣きながら謝るんだよ、もう二度とあんな事はしません!って」
友人A「つくづくあんたもバカだね・・・・・そういう男は、また同じ事繰り返すに決まってる     
まぁあんたの問題だから、あんたがいいんなら何も言わないけどね」
友人B「でも、絶対後悔するよ・・・今心を鬼にしなきゃ・・・」
Yちゃん「・・・・・・・」

結局、その後何度か、その彼氏に会う機会はあったのだけれども、

姉さんは行かなかった・・・・・。

年明けには、Yちゃんは彼氏と一緒に住み始めた・・・・。



そのうち皆も、就活やら受験やらで忙しくなり、
Yちゃんの彼氏の話題にも触れなくなり、やがて卒業式を迎えた・・・。
何とか、Yちゃんもギリギリではあったが、補習を受け卒業式には出席できた。

卒業式の日、Yちゃんはうれしそうに話をしていた・・・・。
姉さんは、Yちゃんの行く末を心配しながら、その日は別れた。

次にYちゃんに会ったのは、卒業してから1年後・・・・。

なんと!子供が生まれていた・・・・もちろん、父親はあの彼氏・・・・。

しかも、その子供は、生まれた時にはすでに5Kgもあり、
会った時にはまだ1歳にもなっていないのに、すでに2歳~3歳位の体格。

その上、歯が生え始めていたが、なんだか奇形だったらしく歯医者に珍しがられたらしい。
しかも、太りすぎのせいか、生後半年ですでに便秘な上、心臓にも負担がかかっていて
医者に運動させないさいと言われ、公園に散歩に行こうとすると
旦那が、他の人間(特に男)と話をするからだめだ!
プールに連れて行こうとして(ベビースイミング)旦那に相談したら
はじめはいい返事だったが、その後、いきなりプールのインストラクターが男だったらいやだからやっぱりダメだ!って・・・・・。(アホか)

でも、愚痴りながらも、幸せそうな彼女を見て
姉さんは、もうあきれて何も言えませんでした・・・・。

その後、しばらく年賀状のやりとりはしていたが、ある時年賀状が戻ってきて
行き先不明の文字・・・・。
それっきりYちゃんには会っていません。

当時のお子さんが元気に成長していれば、もう17歳・・・・。
Yちゃんとその子が無事に元気に生活している事を、祈ってやまないです・・・。


完結


ほぼ当時の模様を忠実に書きましたが、姉さんは文章力が乏しいので、
途中見にくい場面や、読みづらいところがあったかと思いますが
長文お付き合いありがとうございました。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

アルバム



今日の誕生石
誕生石ブログパーツ

みんなで、分け合おう!!
義援金募集
節電状況
カテゴリー


プチ月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
楽天
楽天ブックスで探す
楽天ブックス