FC2ブログ

Freely

めんどくさいが口癖主婦のウダウダBlog
TOPドラマ ≫ ドラマコンプレックス「嘘をつく死体」

ドラマコンプレックス「嘘をつく死体」

「嘘をつく死体」(NTV ドラマコンプレックス)
放送日:4月11日PM9:00~

CAST

馬淵淳子・・・ 岸惠子
漆原ルリ子・・・ はしのえみ
倉林恵美・・・ 広田レオナ
倉林清二・・・ 中村育二
倉林礼三・・・ 宅間孝行
東山光彦・・・ 大久保博元
キダ・・・ 鷲尾真知子
稲葉謙二郎・・・ 野々村真
倉林輝隆・・・ 竜雷太
堂本信吾・・・ 永井大
牧えりか・・・ 木の実ナナ




<あらすじ>

 リゾートホテルに滞在中の推理マニア・馬淵淳子(岸惠子)は、
訪ねてきた親友・牧えりか(木の実ナナ)から、来る途中に殺人事件を
目撃したとの話を聞き興味をそそられた。

事件が発生したという現場は、えりかが乗車していた列車と並走していた特急の寝台車内。
えりかは、その寝台車内で、男が中年女性の首を絞めて殺した場面を見たらしいのだ。
問題の特急739号内で死体が発見されていないと知った淳子は、
後日、同じ特急に乗って検証。えりかの証言などから、死体が列車の車掌室の窓から、
古風な大邸宅が望める線路沿いの笹藪に投棄されたとにらんだ。
そして、すぐさま妹分のハウスキーパー・漆原ルリ子(はしのえみ)に
邸宅内への潜入を指示し、調査に乗り出した。

 ルリ子が入り込んだ邸宅の当主は、倉林輝隆(竜雷太)という会社社長だった。
新年が近いこの邸内にいたのは、輝隆の他、秘書で長女の恵美(広田レオナ)、
画家をしている次男・清二(中村育二)、ブローカーの三男・礼三(宅間孝行)、
4年前に死亡した次女の婿・東山光彦(大久保博元)、
その息子で小学生のマコト(尾関優哉)と友達の少年の7人。
他に出入りしているのは、通いのお手伝い・キダ(鷲尾真知子)、
輝隆の主治医・稲葉謙二郎(野々村真)、顧問弁護士・神保貞夫(中丸新将)の3人。
輝隆には、英一(飛鳥幸一)という長男もいたが一昨年に上海で死亡していた。

 さっそく線路沿いの薮を調べたルリ子は、何かを引きずったような痕跡を発見。
邸内の裏庭にある土蔵を調べた結果、淳子の推理通り、中年女性の死体が見つかった。
警察の事情聴取に対し、倉林家の関係者は、被害者とは面識がないと証言。
特急739号の車掌室内から被害者の毛髪が見つかったことから、
殺害現場はえりかの証言通り、その車内だと断定された。

 キダの話によると、輝隆は少し前、がんの手術をしていた。
それを聞きつけた子供たちは、遺産目当てで頻繁に出入りするようになったらしい。
輝隆の元には、英一の妻を名乗るバレリーナの倉林京子からも近々挨拶に行くとの手紙が届いていた。
ただ、輝隆自身は、マコトの優秀さに惚れ込み、光彦を恵美と再婚させ、
跡継ぎにしようと考えていた。

 被害者が京子だとの空気が漂う中、ついに倉林邸内で毒殺未遂事件が起きた。
ルリ子が作ったカレーに何者か毒キノコを入れたのだ。
だが、キノコの量が少なかったため全員が無事。
騒ぎを聞きつけ倉林邸に乗り込んだ淳子は、ルリ子の情報を基に関係者を観察する。
そして、恵美と稲葉が深い関係にあるらしいことを掴んだ。

 殺された女性は一体誰なのか。

あらすじは公式HPより抜粋


原作は、アガサ・クリスティの「パディントン発4時50分」
岸恵子が原作のミス・マープル役。

ミス・マープルシリーズは、昔ケーブルテレビで見たり、
本も何冊か読んだ記憶があるが、「パディントン発4時50分」は、
見たか読んだか記憶にない(笑)

でも、こういうのは結構好きです。テンポよく展開して、見ていて飽きない。

ぜひ、この面子でシリーズ化して欲しい作品です(個人的に)


パディントン発4時50分
パディントン発4時50分アガサ クリスティー Agatha Christie 松下 祥子
おすすめ平均
starsパディントン着4時50分
starsアニメで
stars目新しいトリックや意外性はないが・・・(;´Д`)ハァハァ
starsクリスティのなかでも読みやすい。
starsもう一度、クリスティーを
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

アルバム



今日の誕生石
誕生石ブログパーツ

みんなで、分け合おう!!
義援金募集
節電状況
カテゴリー


プチ月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
楽天
楽天ブックスで探す
楽天ブックス