FC2ブログ

Freely

めんどくさいが口癖主婦のウダウダBlog
TOPぐうたらさんのつぶやき ≫ 改めて、今回の旅の話・・・。

改めて、今回の旅の話・・・。

まず最初に・・・・。

何回も、話には出てきておりますが、姉さんの出身地は「横浜」です。

が、今、横浜にいるのは、弟家族だけで、
両親は、おかんの故郷の「秋田」に住んでおります。

なので、この場合、田舎に帰るという感覚はまったくなく
(だって、姉さんは秋田には住んだ事ないからね~)
両親に会いに行くというだけの事で・・・・。

で、13日の夜、上野から「あけぼの号」という青森行きの夜行列車
乗って、秋田に向かったのでした。

が、すでに、ここで想定外の事が起きました。

秋田県といっても、秋田市内からは結構離れており、
最寄の駅といえば「羽後本荘」という秋田より、ちょっと下の方の
地域でして、普通なら、夜行列車は、新潟経由で日本海沿いを走り
その駅に止まるんですが・・・。

13日の夜、新潟地方、豪雨だったようで・・・・
すでに上野を出発する時点で、新潟は通らず、内陸の方を通って
秋田に向かうという事で、車内放送が流れておりました。

でも、そうすると「羽後本荘」の駅は通らないので、どうするんだろう?と
回ってきた車掌さんに聞いたら、

「秋田まで行って、その後、在来線で行ってください」

え~~~!

なので、即効で、おとうに電話して、秋田まで迎えに来てもらうように
手配したんですがね・・・・
(だって、在来線だと50分位かかるねん)

結局、1時間遅れで秋田に到着。

最初から波乱含みの旅だったんですな・・・


(以下、長文です。)




翌日の朝、秋田に着き、弟家族が先に行っていたので
おとうと、甥っ子君(5歳)が一緒に迎えに来てくれて
久々の再開を喜びました。

その後、この日は温泉に行ったり、
甥っ子が遊べるような所に行ったりで
想定外の事も起こらず(笑)無事に終わりました。

そして、次の日には弟家族が先に帰り、にぎやかだったのが
いっぺんに静かになり、早くもおかんが燃え尽き症候群になって
いましたが、久しぶりに一緒に買い物やらに行って、
楽しく過ごしました。

で、この日の移動中に撮ったのが、 コレ

なんとなく、そうかな~位にしか思ってなかったんですが・・・。

そして翌日、第二の想定外の出来事が・・・・・。

「宮城県沖地震」

その時、姉さんは相棒一人残して、両親と買い物に出かけていました。

安い田舎臭い(笑)衣料品店みたいな所で、買い物してたら
そばにいたオバちゃんが・・・

「あら?地震じゃない?」

と、え?と思った瞬間、あのすごい横揺れ・・・。

しばらく、お客も店員もそのばに立ち尽くし、様子を見ていたのですが
あまりにも長く揺れているので、店員が

「ひとまず、みんな外に出てください(もちろん、秋田弁で)」


といい、店の外に出ました。

でも、なぜか姉さんたちは気が引けたのか、その時手に持っていた
買い物カゴは店内に置いて、外に出ました(笑)

他の人は、そんなの構わず外に出てたのに。

なんだか変な所で冷静な姉さん一家(笑)

地震が多い地域に住んでいるので(いたので)、
変に地震慣れしてしまっているのか・・・・
大地震が起きたら、真っ先に家の下敷きになりそうな自分が怖いです。

まぁ冗談はさておき、

地震が収まり、もう大丈夫かな?と店内に戻ったら姉さんの携帯が鳴り
あっもしかしたら相棒かも?と思い(家に置き去りにしてきましたから)
出たら、横浜の友達で

「姉さん、生きてる~?」

彼女は、前日のコレを見ていて、
心配してた所に、あの地震だったので、心配してかけてきてくれたそうです。
でも、横浜も震度4と聞いてビックリしました。
(秋田も震度4でしたから)

その後、相棒に電話をかけたら、寝てたらしく地震でビックリして
飛び起きたそうです。
(朝方、釣りに出かけていたので)

心配だったので、さっさと買い物済ませて帰ろうという事になり
(といいながら、なんだかんだとその後1時間くらい帰りませんでしたが)
お昼ごはんを買って、帰りました。

家に戻って、テレビは地震のニュースだらけ。

広い範囲で、揺れたのをみてビックリしました。

相棒も、自分の実家(千葉)に連絡したらしく、
お義母さんも買い物の途中だったそうです。

東北自動車道が通行止めになって、弟たちが前の日に帰ってよかったね~
と、胸をなでおろし、内陸を走る秋田新幹線「こまち」も、運行中止という
事をきいて、帰りのルートを「こまち」で帰るか新潟経由で帰るか悩んで
新潟経由のキップを買っておいた姉さんも、一安心・・・。
(ニュースで、上越新幹線も一時ストップしたが、すぐ再開したと言っていたので)

「あ~なにもかも少しずつ、ずれて助かったね~」

なんて、この時は安堵していたのです。
それが、大きな間違いだったとは、この時は知る由もありませんでした・・・。


そして、最後の日、予定ではPM1:25分の特急で新潟まで行き
PM5:03の上越新幹線で、上野まで帰り、家に9時までには
帰れる予定でした・・・・・。

ひとまず、早めに行き特急は時間通りに出るのか調べて
その後、お土産を買いに行き、軽くお茶をして、両親との別れを
惜しみつつ、時間通りに「羽後本荘」の駅を出発しました。

そして、途中、余震対策のためか、スピードを落として走ったらしく
新潟駅には6分遅れで、到着をしましたが
乗継まで30分くらいあったので、ひとまず新幹線乗り場まで
いったのですが・・・・
そこは、すごい人だかり・・・・もしやと思い、近くの電光掲示板を見たら
1時間前に出るはずの、新幹線がまだ出発しておらず
あわてて、その辺にいた駅員を捕まえて、

「5時3分の新幹線は、いつ頃出るんですか?」

「あ~今、東京から折り返し運転で、こっち向かってるから、予定より
30~40分遅れくらいかな~」



やっぱり・・・・・。
でも、この時点では、30~40分位なら、そう問題はないねと
二人ともタカをくくって、じゃぁお昼食べれなかったから
何か食べようとのん気に、ラーメン食べにいったんですわ(笑)

で、時間見計らって、ホームに下りたら
もう新幹線は来ていて、あ~よかったと乗り込んで、
その時点で、40分遅れの出発だったんです・・・。

そして、「越後湯沢」までは、順調に走っていた新幹線。

そして越後湯沢で停車後・・・・・中々動かない新幹線・・・

車内放送で、後続の電車の一部を連結するので、しばらくお待ちくださいとのこと・・・・

ふ~んと最初は、のんびり構えていた姉さんたち・・・。

でも、10分たっても、20分たっても動く気配なし。

しまいにゃ、また車内放送で

「連結する予定の電車が遅れているので、もう30~40分お待ちください・・・・・
大宮・上野・東京方面に急ぎでお帰りのお客様は、向かいのホームに
後から来ます別の新幹線にお乗換え下さりますようお願いいたします」


え~~~~

と、またここで、車掌に聞きに行ったら、すでに人だかりで
車掌が迫られまくりの状態。

で、聞いてみると、早く着くが、座れないだろうと。
指定席の人で、座れない人は駅で清算します・・・・。

相棒に、

「どうする?座れないって」
「上野までどれくらいかな?」
「まぁ1時間以上は軽くかかるんじゃない?」
「俺、やだよ、そんなに立ってるの」
(相棒は、釣り竿を抱えていたので)

というわけで、車内でひたすら待つ事にした。

でも、あいかわらず動く気配なし。

車掌も、30~40分が1時間近く、1時間以上、しまいにゃ2時間近くと
どんどん時間が延び、乗客の怒りもピークに、ついでに車掌の怒りもピークに(笑)

姉さんたちも、2時間近くと言われたときに、一回降りて
別の新幹線に乗ろうと、ホームに並んだのだが、あまりの人で
どう考えても乗れないだろうと、新幹線がラッシュの電車状態に・・・。

あきらめて、乗ってきた新幹線に戻り、ひたすら動くのを待った・・・。

で、結局止まってから1時間20分後、なんとか越後湯沢駅を出発し
東京に向かった・・・・のだが・・・。

駅が近づくたびに、全線地震の影響で遅れており、駅に電車が詰まっているため
駅に入れないと止まり、そんな状態で止まっては走り、止まっては走り
結局、上野に着いたのは11時ちょっと前。(予定じゃ、7時39分)

なんとか、終電には間に合ったが、終バスには間に合わず
家までタクシーで帰る羽目になりました・・・・。

そして、家に帰り、残りの力を振り絞りシャワー浴び、バタンキュー~

自然災害に、悩まされたお盆休みでした・・・。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

アルバム



今日の誕生石
誕生石ブログパーツ

みんなで、分け合おう!!
義援金募集
節電状況
カテゴリー


プチ月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
楽天
楽天ブックスで探す
楽天ブックス